こんなにたくさんあった!?CADを導入するメリット

こんなにたくさんあった!?CADを導入するメリット


CADとはどんなものなのか?

CADはコンピュータによる設計システムのことです。1960年代に原型となるシステムが誕生してから、様々な工業製品にCADが使われています。現在の工業製品のほとんどは、CADを使って作られています。CADには2次元CADと3次元CADがあり、作るものによって使い分けられています。その他に専用CADや汎用CADなどもあります。

CADは作業の効率化を進める

CADを導入することで、作業を効率化することが出来ます。昔は手作業で製図していましたが、CADを使うことで時間をかけずに正確な製図をすることが出来ます。ミスしたところは削除できるので、修正も簡単です。習得コストが低い上に、書いた本人しか図面の見方が分からないということもありません。

図面の管理や共有が出来る

CADを使って作成した図面は、管理しやすく様々な人と共有できます。図面を収納するために物理的な収納スペースをつくる必要もありません。管理できるフォルダさえ作成しておけば、簡単に管理や共有が可能です。また、過去に作成した図面を再利用することもできます。手書きの場合、新しい図面を書くときは1から書く必要がありますが、CADは再利用できます。あらかじめ図面のフォーマットを作成しておくこともできます。近年では、図面のデータをタブレット端末に保存して共有している現場もあるようです。

製図にはCADを導入しよう

図面を作成するならば、CADは欠かせない物です。製図にかかる時間が少なくなったり、手間がかからないなど導入するメリットはたくさんあります。CADを導入するか迷っている人は一度使ってみてください。

電気CADは海外の顧客に対応できるかの視点が重要です。つまりいろいろな規格に対応しているかがポイントです。

ホームカジノ